どこまでもクレジットカード
どこまでもクレジットカード
ホーム > 健康 > 赤ちゃんの便秘には水分補給と綿棒が役立つ

赤ちゃんの便秘には水分補給と綿棒が役立つ

赤ちゃんは便秘になりやすい特徴があります。

 

まだ動ける量も少なく、寝ている時間も長くなりがちですし、水分を取らせる事を忘れてしまうと水分不足になり、水分が不足する事からもお通じが悪化して便秘症状が起こってしまいます。

 

水道の水は刺激がありますから、可能ならばベビー用の水を用意しておくと効果的ですし、こまめに水分摂取をさせてあげる事は便秘を防ぐ事にも繋がります、お腹のマッサージを行ってあげる事も腸を刺激して動きを良くする事にも繋がりますし、「の」の字でお腹をさすって赤ちゃんのお腹をマッサージしてあげると良いでしょう。

 

ハイハイ出来るようになったり、歩けるようになると、親が一緒に運動の時間を作ってあげる事も赤ちゃんの便秘改善に繋げる事も可能です、おとなしい赤ちゃんの場合は無理矢理動かしてしまうと驚いてしまいますから、マッサージをゆっくりと行ってあげて、腸の動きを良くしてあげるようにサポートする事が効果的です。

 

マッサージを行ってあげたり体を揺らして動かしてあげると内臓の動きが良くなってオナラを出したりもします、赤ちゃん側から動く事は難しいですし、水分不足にも気をつけて、こちらから動かしてあげる事によって便秘改善に繋げる事が出来ます。

 

赤ちゃんは新生児の頃は、1日に何回か水の様なウンチをするのですが、離乳食が始まるとウンチの回数が減り、2,3日出なくて心配になるお母さんもいます。

 

しかしウンチの回数と量は個人差が大きく、何日出なければ便秘かというとはっきりした定義はありません。ウンチが出なくても機嫌が良く、母乳やミルクの飲みもよく、元気で体重も順調に増えているようなら、それほど心配は要りませんが、食欲がなくなり機嫌が悪かったり苦しそうにしていると便秘の可能性があります。

 

原因としては、低月齢の赤ちゃんの場合、母乳やミルクの量が十分に足りていないと便秘になることがありますので、体重の増え方にも注意が必要です。

 

また、栄養のバランスが悪いと大人と同じように便秘になりますので、ビタミンや繊維質が豊富に含まれるものやミネラルたっぷりのものなど、様々な食材をバランスよく摂ることが便秘防止につながります。

何日もウンチが出ていない時は、赤ちゃんのお腹に手をあてて、撫でるように「の」の字を書くと腸に刺激を与えて便秘の改善になりますよ。赤ちゃんの肛門に、綿棒にベビーオイル、オリーブオイルをつけて2~3cm押し入れ、前後に動かして刺激をする方法もあります。

 

排便を規則正しくするためには、自律神経の働きを整えることも大切ですので、運動や外へお散歩などで自律神経に刺激を与えるようにすると良いですね。赤ちゃんにオリゴ糖液体を与えないほうがいい理由