どこまでもクレジットカード
どこまでもクレジットカード
ホーム > 健康 > 吐き気・嘔吐・動悸のメニエールの症状に対処

吐き気・嘔吐・動悸のメニエールの症状に対処

水が蝸牛の中にたまると耳鳴りや難聴が起こり三半規管や耳石器にたまると、めまいが起こります。

 

 

 

蝸牛、三半規管、耳石器のすべてに水がたまる事も多くあります。

酷い発作が起きたときはそのうえ吐き気・嘔吐・動悸までもが合わせて現れます。この様な症状が出る頻度は人により、年中、症状に悩まされる方もいれば1年に数回しか症状が現れない方もいます。自分にしかできない先に進まない仕事はできなくなります。いつ始まるか分からない発作があるから、発作が発生したら容易にはうごけないし、懇願が会社から言われたときはどうもこうもなりません。そういう事態になったときは、安易にわかり自分にしか出来ない仕事は引き受けないようにしょう。ダイビング中にめまいが起きると死につながる危険性があることを理解してください。中でもスキューバーダイビングの場合は、めまいのときに上下がどちらだか分からなくなり溺死してしまうことがあるのです。

 

 

特徴の1つとしてメニエール病は圧力の変化に敏感であるためお勧めできません。

 

 

色々なスポーツが他にもありますが、それぞれ医師とよく相談をしてください。移動で使う乗り物には注意をする必要があります。

 

 

もし、強いめまい発作を起こしてからあまり日数が経過していない場合はめまいを起こしやすい状態が続いており、バスや電車などに揺られることでめまいを誘発してしまうこともあります。

 

飛行機は揺れが比較的少なくて良いのですが、気圧の変化を受けることによりメニエール病の発作の誘発に関連してくる場合もあります。

フランス人の医師プロスパー・メニエールが、当時の常識ではめまいが起きるのは脳卒中だとされていた時代に、めまいは内耳に起因していることを初めてつきとめた医師で、このことから、内耳性のある種のめまいのことはメニエール病と診断されるようになりました。

厚生労働省により特定疾患に指定されている難病です。

職種にもより変わりますが、メニエール病によるぐるぐる回るめまいや耳鳴りの強い発作が起こった場合は、多かれ少なかれ関係なく、影響が仕事には出てくるのは避けられないでしょう。

 

 

発作が起きなかったら、何も問題のない日常生活が普通におくれますが、患者自身には辛いことが続いていることでしょう。

 

 

ストレスや脱水には色々な症状がありますが抗利尿ホルモンにも関係があり分泌を増加させるということは以前からよくわかっていました。

 

その症状を減らすのは水分をたっぷりとりストレスをなくす働きをしそのお陰で抗利尿ホルモンがおさえられて内耳の血液循環などをよくしていく働きがあると考えをもとにできたのが、治療の一つである水分摂取療法なのです。先進国にすんでいる人がもっとも発症し、逆に発展途上国では発症がなくて、ストレスがあるかないかで変化し改善策の治療法がまだありませんが、信頼できる専門医もいない模様です。

 

 

 

診断を受ける機会かあったなら、発作が起きたときにも対処はちゃんとしてストレスをためずに日頃の生活習慣に注意しましょう。メニエール病のサプリメントは本当に効くのか?