どこまでもクレジットカード
どこまでもクレジットカード
ホーム > 健康 > 血糖値コントロールは朝・昼・晩の食事配分が一番肝心

血糖値コントロールは朝・昼・晩の食事配分が一番肝心

重篤な合併症が糖尿病で発症すると、寿命を早めてしまうこともありますが、早期に見つけて血糖値をきちんとコントロールできれば、日常生活が困難になることを回避することも可能です。ですので、糖尿病予備軍かもしれないと気になっている人は、日々の体の状態を糖尿病の症状と比べ合わせてみると、早期発見ができるので安心することができます。

糖尿病の発病は、体の必要以上に過剰な食事量を取り続けたために腎臓が処理能力の限界に達したということです。

まず糖尿病を改善するには、これまで続けていた食生活を改善し、毎日正しい食習慣を身につけなくてはいけません。ビタミン、ミネラルなどの栄養を考慮した食事は最低限必要ですが食べ物の総カロリーを把握することも必須です。合併症の中で足に発生する代表的なものは、血流が低下して、体の神経が鈍くなる糖尿病神経障害です。

糖尿病神経障害が起こることで足に痺れ、違和感を覚えたり、こむら返り、ほてりなどの症状が感じられるようになります。

 

 

また、足の感覚は鈍くなってしまうので、足に怪我を受けやすくなりますし、以前より足がつりやすくなります。

 

 

脂肪肝が恐れられているのは、心臓病である狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった血管系の疾患につながることがあるからです。

脂肪肝の原因として挙げられるのは、カロリーの摂りすぎや運動不足があります。

 

 

食べすぎや飲みすぎを繰り返し続けると肝臓には中性脂肪やコレステロールが蓄積されていきます。

 

特に30代~40代の人で脂肪肝が増えており、2倍以上の増加がこの10年で確認されています。

喉の渇きという糖尿病の症状を抑えるためには、糖分の過剰な摂取は避けることと、食後にはウォーキングなどで体を動かすようにして早く摂取した糖分を体内から排出することで良い結果が現れます。ですが、インスリンの注射や血糖値を下げる薬を飲んでいる場合には、低血糖になることもあるので、医師とよく相談をしてから運動することにしましょう。

運動したり体を動かすにはエネルギーを使いますが、筋肉は血糖を使ってエネルギーに変換します。ゆえに運動することは血糖値を下げる効果があります。

 

 

しかし、運動不足では消費エネルギーも使われないので毎度エネルギーが過剰になります。

 

インスリンの分泌が増えて膵臓が疲れて使い物にならなくなってしまいます。

 

 

 

治療方法の一つとされるインスリン注射は膵臓が傷ついたことで、インスリンがきちんと分泌されなくなったため、体外から補うことで血糖値を安定させるためのものです。しかし血糖が改善をされることで、膵臓がインスリンを作りやすくなり、注射する回数や量を減らせたり、のみ薬だけの治療も不可能ではありません。糖尿病を食事でコントロールするには、朝、昼、晩の食事配分が一番肝心です。1回の食事で大量に食べてしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。

日本人の標準的な食生活は朝食は少量で夕食をしっかりととる事が多いです。

早寝早起きして、時間をかけてしっかりと朝食を食べることが健康への第一歩です。血糖値 下げる サプリ