どこまでもクレジットカード
どこまでもクレジットカード
ホーム > 健康 > 脳は3歳か4歳ぐらいで大人の脳の8割まで成長する

脳は3歳か4歳ぐらいで大人の脳の8割まで成長する

成長の時期にある小児は栄養面でよく考えられた食事メニューを急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。

 

しかし、適切な量以上に大食すると、本来の体にとって必要な栄養分の適正レベルが狂うことがあります。

一つの幼稚園では自分の分のご飯を自分でよそわせ、自身の食べる量の程度を感覚としてつかむよう教えていますが、とても感心しました。

 

 

海藻には野菜に引けを取らないミネラルやビタミンなど身体に欠かせない成分を豊かに蓄積しています。

さらに血液中の白血球を強力にし、ガンや他の病気を防ぐ成分も含み、免疫を高めるのにうってつけの食べ物です。海藻に含まれる食物繊維は水溶性です。

 

 

 

腸内の善玉菌をいっぱいに増やし、大腸の動きを後押しして、脳神経の健康にも役立つビタミンB群を活発に生み出すなどなくてはならない効果を発揮しています。ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルは身体の一部になるだけでなく、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、エネルギーを作り出すことなど体の働きをバランスよく保つ働きを担います。

 

また野菜には毎日のスッキリを応援し、腸にたまった有害物質を吸着し排出する食物繊維がたくさん含まれることを忘れてはいけません。これらは体の中で生成されませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。今の時代の子たちは背も高く体つきもよく、手や足の長さも長く、ちょっと前の人より魅力的なスタイルをしています。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から肉をよく食べる欧米人の食習慣に日本全体が寄せていったからです。

 

その反面、高血糖や高脂血症などの以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。

 

そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気もどんどん多くなっていることです。子どもたちの体を成長させるのが食物の栄養です。食物の健康効果というのは、薬以上の働きをすることがあります。子供の日々食べているものこそが成長や発達のカギといえるほど関係します。

 

まわりの人々、とりわけ親の場合は、それを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。

 

食べ物が病気知らずの身体づくりにもひとかたならぬ効果を示しますし、頭脳の成長にもとても大事です。

 

 

ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、ほかの栄養素が働きやすい環境をつくる、体内の生理現象を調整するなどの重要な役割があります。

 

全身の細胞を元気にし、免疫システムを強化するために、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。レタスやトマトなどの野菜とかキウィやリンゴなどのフルーツの栄養のひとつであるビタミンは白血球のパワーを高めて免疫を向上させます。海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸という脂質を含有します。

中でもDHAについてはよく知られるところとなっています。それは乳児・幼児の知力の発達にプラスになると考えられている成分です。

 

 

 

海藻に類い稀な成分がふくまれるのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。海藻をふんだんに取り入れたメニューを毎日モリモリ食べて、海のパワーで元気に過ごしましょう。

 

人間の脳はたった3歳か4歳ぐらいで通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。

以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知的トレーニングを行うことで向上していきます。

栄養摂取においてはカルシウムやビタミンB1が脳機能にとって必須の栄養分です。そして忘れてはならない青魚に多く含まれるDHAは脳神経の連携を活発にする作用があるのでしっかり摂取したいところです。ファムズベビーの乳児湿疹への効果